ケルセチン

生活習慣病の方が非常に増えています。これは人口における高齢者の割合が増えている
ことも原因のひとつではありますが、名前のとうり生活習慣に問題がある人が
多いのも原因のひとつです。

生活習慣病といえば、糖尿病やメタボリックシンドローム、脳卒中や心疾患
などがあります。これらの症状は、命に関わるとても危険な症状なのです。

特に脳卒中や心疾患などは日本での病気での死亡原因の2位、3位にランクされる
ほど命を落とす人が多い病なのです。

そんな生活習慣病の予防に効果があるといわれているのが「ケルセチン」です。

生活習慣病の原因となるのが、高血圧や高脂血症などです。これは脂濃い食事
ばかりを摂っていたり、喫煙をする人などに多い症状です。

これらの症状になると動脈硬化を引き起こしやすくなります。
この動脈硬化こそが、命を脅かす病の原因なのです。

ケルセチンは血液をサラサラにし血管の壁や毛細血管を強くする効果があります。
そのため、動脈硬化を予防し、ひいては生活習慣病の予防にも繋がるのです。

生活習慣病の恐ろしいところは、他の合併症を引き起こすところです。
合併症により死亡するケースもけして珍しくはありません。

若いうちから生活習慣を見直しておかないと、中高年になってから
生活習慣病にかかる可能性が高くなりますよ。

サプリメント美容アスタ・キサンチン酸化防止剤効果