アスタ・キサンチン酸化防止剤効果

アスタキサンチンには酸化を抑える作用があります。

酸化とは錆のことです。金属が酸化により錆つくのと同じ原理なのです。
人間は呼吸の際に酸素を取り込みます。

酸素はいろいろなエネルギーに使用されますが、その一部が活性酸素に変化します。
この活性酸素が人間の細胞を酸化させてしまうのです。

酸化は、老化や病気の原因になるといわれています。
なので健康維持に酸化を防ぐ必要があることは、今や常識となっています。

人間の細胞は150歳位までは生きるようになっているといわれています。
しかし、酸化により病気などになるので、皆そこまで生きることができないのだそうです。

人間には本来、酸化を防ぐ抗酸化の作用をもっているのですが、加齢とともに
この酸化を抑える力は衰えていきます。

なので加齢とともに体は老化し、かつ様々な病気にかかりやすくなるのです。

なのでアスタキサンチンなど、外部から酸化を防ぐ作用があるものを摂取する
必要があるのです。

酸化を防ぐことは、生活習慣病の予防の効果もあります。
現代は、生活習慣が乱れている人が多いので、生活習慣病にかかっている人が
増加傾向にあります。

生活習慣病は、合併症などにより命を落とす危険性がある恐ろしい病気です。
そんな生活習慣病を予防するためにも、酸化を防ぐ必要があるのです。

ケルセチン副作用があるサプリメント